ノドが痛い。

多分、ノドの傷みの原因は、
こんな感じだと思う。


ノドカッタルーイ2世.jpg


しかながら効き目のありそうな「のどぬ〜る」で「おえっ」となってしまう私。

この『ノドカッタルーイ2世』は、

ノドチ○コの裏の奥深くに潜伏しているらしく、

どうやら「のどぬ〜る」の存在を知っているみたいだ。

今朝から愛用の槍で突きまくられている。




仮面ライダーザンキ.jpg

 


『仮面ライダー斬鬼(ざんき)のトイザらス限定商品』です。


これは『仮面ライダー響鬼(ひびき)』に登場する

体力の衰えで引退した仮面ライダー斬鬼(ざんき)の武器です。

武器と言いましてもこれはギターですね。


このシリーズは音楽で敵を退治します。

実は他のシリーズとはかなり変わった設定になっているため、

このシリーズ関係の商品売上は非常に悪く

生産数も少なくなり

大変なプレミア化をしております。


さて、このシリーズ何が従来と変わっているかと言いますと、

まず、主人公が

「乗用車」で現場にかけつけたりします。

ライダーもへったくれもありません。


さらに敵は、特定の名称はなく、

単純に『デカいカニ』や『デカいクモ』などが敵です。


それらをどのように主人公響鬼(ひびき)が倒すかというと、

その『デカいカニ』などの上に乗り

自分の専用武器である太鼓のバチで、

リズミカルに思いっきり相手を太鼓代わりに叩き続けます。


正直かっこ良くはないです。


後輩の轟鬼(とどろき)が1人で敵のいる現場に向かった際

やはりまだまだ戦闘力は弱いですので、

敵にボコボコにされてしまいます。


ここで皆、響鬼(ひびき)はいつ助けに現れるのだろうと考えるのが普通です。


が、

驚くべきことに

その日の響鬼(ひびき)は「オフ」です。

故に女性とデートをしておりました。


「オフ」だったがために後輩1人で戦いに赴いたわけです。

しかしながら、

このままではやられてしまいます。

早く響鬼(ひびき)が助けに行かなければと

こちらは思います。


しかし、響鬼(ひびき)は「オフ」です。

なんと響鬼(ひびき)は最後まで助けに行かずデートを

「完遂」させます。


正直バイトの経験をしたことがある人なら共感できる

憎しみが湧くと思います。


乗用車、デカい〇〇、シフト制、必殺技はバチで叩く。


このように『仮面ライダー響鬼(ひびき)』は

ライダーシリーズとしては異質な

ストーリーであります。

これらの実社会の労働に根付いた世界観に

世のお子様たちの共感を得ることが出来ず、

商品の売上の低迷に繋がったのではと私は考えます。


興味がありましたら、

一度ご覧になってみてください。


ちなみに

引退した「仮面ライダー斬鬼」は32歳で体力の限界で

ドクターストップです。



2013-05-02 14.11.11.jpg

電車操縦型音楽機材完成。USB2.0対応。

Train operation type music equipment was completed. 
USB correspondence.



髪の毛が重いと思い立ったは午後6時。
 
%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

重たい。
スープを飲もうとすると髪の毛が邪魔をする。
早速電話で予約。

書を捨て、渋谷はBlocへ。
(初めての人の場合、どこにあるのか、
入り口はどうやって開けるのか分からない洋館である)


%E5%86%99%E7%9C%9F-1.JPG


断髪式前。
ネガティブモデルだとか、
フォークシンガーだとか
様々言われてきたが、
これから変わるのだ。


%E5%86%99%E7%9C%9F-2.JPG


25センチ切った。
髪の毛がなんたる重量感。
そして地毛が茶色であることも発覚。

そして完成は、



%E5%86%99%E7%9C%9F-3.JPG


永遠のマスカットボーイ完成だ!

さぁ、皆で書を捨てよ髪を切ろう!

今回もジャケット撮影などでお世話になった
タカギさんのデザイン。
いつもありがとうございます。


f7yt.JPG


Satoshi Takagi -Bloc Blog-


ROLLER (Goblin) - Front cover.jpg


軽快な心持ちで夜中にこっそり筆に任せ記述する、

たまに聴きたくなる

ミキシング、マスタリングの美味しい名盤紹介。


美味しいと銘打っているのは、

私が共感覚を保持しており、

音を聴覚として捉えるだけでなく、

味覚、視覚としても同時に捉えてしまうという、

ある程度やっかいな感覚からきているからである。

さらに注意していただきたいのは、

共感覚者としての視聴を記述しているということである。

普通のレビューではなく、

これは共感覚としての体験記である。


それでは、

そのような美味しい名盤の中から一枚。


Goblinの『Roller』。

確か、76年リリースである。

私はものぐさなので

そこは面倒なので調べない。

サウンドトラックも手掛ける

プログレッシブロックバンドだ。


まずは年代からして

昨今の音圧の大きい音楽とは違い非常に繊細である。

特にLOWに関しては出過ぎず、

聴いていて疲れない。

巧みなミキシングによって

様々な楽器の音の粒子一粒一粒が素晴らしい配色なのであるが、

今回はドラムを中心に書いてみよう。


まずはドラムの中心であるバスドラだが、

何とも絶妙な固さよ。

齧れば果汁の飛び散りそうな果実のようである。

握手したい程の潔い低音のイコライジング。

40Hzの処理が手作業ながらも、

惹き込まれるような魅力をもった包丁でもってして

スッとなだらかな斜面を創っている。

この施しによって

一層奥で座り続けながらも

その存在は際立って視えるのである。


LOWの出やすいドラムのタムは、

リミッターに触れることにより、

軽く圧縮されては目の前において、

丸い波紋を広げて仲の良い兄弟のように

手を綱いで登場し、

乳白色の丸いドーナツ型の閃光を放つ。


ステレオ感も非常に気持ちの良い広がり。

お互いの音を尊重し合いながらも、

安らぎを期待させるプールサイドのイスに寝転んでみては

形状記憶させたままに自分の色を主張している。


そして何よりもスネアの音が一等好ましい。

ビスケットのほんのりとした甘い風味と

その心地の良い歯ごたえを与えてくれる。

600Hzと2400Hzと4100Hzとこの周辺がよろしい案配なのだと思う。

綺麗なダイヤモンド型に象られ、

常に意識せざるを得ない艶かしいプレイボーイとして

俯いては横目でこちらを伺う。


さてこのアルバムでの私のお気に入りは2曲目。

「Aquaman」

水の音がとても美しい光沢を放ちながら、

蒼すぎるゼラチンにも見える体を

上下左右にくねらせ、

自分の体を念入りに確認しながらゆっくりと遊び走る。

これはマスタリングとミキシングとには非常に勉強になる一曲だ。

しかしながら、この2曲目の2分07秒付近のドラムだけが、

ほんの一瞬テープを繋ぎ合わせに失敗したような音であり、

まさに拍子抜けにズレている。

ここまで音に徹底的に集中して制作されているのにも関わらず、

何故修正されなかったのかは不明であるが、

そこはご愛嬌だ。

勝手な推測をするならば、

おそらく最初にドラムを録音し、

その上に他の楽器をピンポン録音してしまい、

ドラムを再録するとなると上に重なった音も

再録しなければならず、

時間的にも予算的にも余裕がなく

元に戻すことが非常に困難になってしまったのではと推測する。

そう考えると現代のDTM世代はなんと幸せなことよ。


ごちそうさま。

以上、共感覚による筆に任せた視聴体験記である。



風邪だ。
体が砂を背負ったように重い。
生涯であと何回風邪をひくのかを考えると
非常に面倒な気持ちを抱えてしまう。

ということで、
風邪をひかなそうな人間のマネをしたら如何なものかと思い立った。
まずは、
寺島進である。
これはかなりの確率で風邪をひかなそうだ。
朝から寺島進で過ごしてみたのだが、
体温が1度2分上がった。
これは大発見である。
寺島進のモノマネをすると人の体温は上昇するのだ。
と風邪であるから何を書いているのか分からないこの始末である。

考え方を反転させ、
逆に風邪をひきそうな人間のマネをしたら如何なものか。
ウディ・アレンはどうだろうか。
これはしょっちゅう風邪をひいてそうだ。
むしろひいていないのに、
熱があると申告して早退しそうなタイプである。
しかし残念ながらウディ・アレンのモノマネは
正直どのようにしたら似るのか分からない。

明日がもう待っているとSMAPの声が
脅迫めいて聴こえてきた。
必ず今日中に治したい。


私の性格も表面的にも、

マンガ「東京怪童」の主人公ハシみたいだ、

と言われ、

それではと、ハシになってみた。

3秒でこのコスプレが出来る。


TOKYOKAIDO TEST021.JPG

TOKYOKAIDO TEST017.JPG


%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG


この度、 
埋蔵文化財発掘調査でお世話になったある男性の方を、 
1人『トゥナイト2』である私が、 
日本のオタのサンクチュアリである秋葉原を 
案内した。 

秋葉原の面白さを分かってもらおうと、頑張る私。 
彼の方はというと、 
歩くたびに路上にいるメイド勢からのチラシを 
全部受け取っている。 
受け取らなくても良いのだけれども、 
それをさらに何故か貰ったら 
すぐに私に渡すのである。 
欲しいのか欲しくないのか 
よく分からないが、 
彼は手渡されたものは、 
すべて受け取るようだ。 

そのような中、 
今回案内致したのは、 
戦国メイドカフェ&バー 
『MONONOPU (もののぷ)』 
である。 
あのハリウッド女優のキルスティン・ダンストなども訪れた、 
完全予約制のメイドカフェである。 
入り口も分かりにくく、 
隠れ家的存在を醸し出している。 

しかしながらそれよりも 
指摘しなければならないのは、 
戦国なのにメイドであり 
カフェ&バーであるところだ。 
意味的に複雑骨折しているのだが、 
まぁ、あくまで架空の世界だから 
良しとしよう。 

さて無事に城へと上洛。 
ちょうど19時からの 
小早川かぐら氏(好きな武将:小早川隆景)の 
卒業ライブが始まり、 
集まっていた武将たちが待ってましたと 
猛烈なオタ芸を始める。 
恰幅の良い武将たちが熱烈な声援をおくりながら、 
汗を吹きまくっている。 
さて、お世話になった彼はというと、 
さすがに刺激が強すぎて唖然としているかと 
思いきや音楽に合わせて手拍子をしている。 

ならば良しということで、 
こちらもライブを盛り上げるのである。 
兎に角、戦国と言えど、戦は皆無であり、 
宴だけがさらに続くのであった。 
しかしながら活発に働くメイドたちは 
皆一様に実に可愛らしい顔である。 
よくぞ集まったものだなと思う。 

今回同行した彼は、 
この度の事で秋葉原をとても気に入っていただけたらしく、 
次回は私の提案で、 
シュタインズゲートの世界にもモデルとして出てくる 
メイド喫茶に行く事に。 

私のモットーは経験があって初めて事象を理解出来る 
アポステリオリであるので、 
私は知り合った方には様々な事柄に 
アプリオリとしての理解ではなく、 
アポステリオリとして理解していただきたいと 
思うのである。 

最後に私と誕生日が同じである 
ツンが8のデレが2の前田あずさ氏、 
通称あずにゃんのバッジを 
本人から購入し城をあとにした。 

架空の世界をこの次元内で生きるのも、 
また人生にとって良きものではないだろうか。


ヒッグス粒子発見 日付有り.JPG

『ヒッグス粒子』ついに発見という記事が
新聞各社一面に記載されている。

我々が朧げにゆれていた幻影から
質量を生み出す素粒子によって
確かに存在していることが証明された。
これからは、
当たり前のように「ヒッグス粒子」は
世間に浸透していくことになるのであろう。

だがこれからはまだまだもっと、
想像もしなかったことが起き始めていく。

本当に運命のあの時まで順調に進んでいる。

指数関数的に量子力学も進んでいる。


そして今回の発見の予見と共に
「ヒッグス粒子」による質量という存在を
音楽という形で表現したのが、

2005年に限定リリースした
私の最初のCDRでのアルバム
『Gravitation Childhood』である。


当時はアルバムコンセプトを何度説明しても
理解されなかった。
しかし本当に少数ではあったが、
曲やアルバムのタイトルの内容、
そして音楽の構造などを
ご理解された方からメールをいただいた。
さらに海外からもメールが届いたことには驚いた。
初めて表現と音楽と世界とに向き合った
私の音楽制作の原点でもある大切なアルバムである。


さてそこでなのだが、
もしこの7年前のアルバムを
未だに持っている方がいたら
iTunesでもなんでもよい、
曲の時間が分かる機材にCDをセットし、
このアルバムの最後の曲の「分数」を見てほしい。



『7:05』と出るはずだ。




これは「ヒッグス粒子」発見が
新聞に載る7月5日、
その日付だ。


私のアルバムには様々なレトリックが仕掛けられている。

ほとんどの人は気が付かないが、

気が付く人間は気が付く。


その少数派に向けて私は送っている。

多数派は考えない。

しかし、

小数派は考える。


私は表現する者。

表現で出来ることをしていく。

これからも。



TSAN × AKIRA.JPG

Shooting on a movie "AKIRA" is in peak condition!!
I am sorry, it is joke. 
I went to the original picture exhibition of Katsuhiro otomo. 

とりあえずAKIRAの撮影絶好調です!
というような風貌でやってみました。
金田のジャケット着てみたらブカブカ…。
大友克洋GENGA展最終日でした。

R0011511.JPG


  • 1/2PAGES
  • >>