%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG


この度、 
埋蔵文化財発掘調査でお世話になったある男性の方を、 
1人『トゥナイト2』である私が、 
日本のオタのサンクチュアリである秋葉原を 
案内した。 

秋葉原の面白さを分かってもらおうと、頑張る私。 
彼の方はというと、 
歩くたびに路上にいるメイド勢からのチラシを 
全部受け取っている。 
受け取らなくても良いのだけれども、 
それをさらに何故か貰ったら 
すぐに私に渡すのである。 
欲しいのか欲しくないのか 
よく分からないが、 
彼は手渡されたものは、 
すべて受け取るようだ。 

そのような中、 
今回案内致したのは、 
戦国メイドカフェ&バー 
『MONONOPU (もののぷ)』 
である。 
あのハリウッド女優のキルスティン・ダンストなども訪れた、 
完全予約制のメイドカフェである。 
入り口も分かりにくく、 
隠れ家的存在を醸し出している。 

しかしながらそれよりも 
指摘しなければならないのは、 
戦国なのにメイドであり 
カフェ&バーであるところだ。 
意味的に複雑骨折しているのだが、 
まぁ、あくまで架空の世界だから 
良しとしよう。 

さて無事に城へと上洛。 
ちょうど19時からの 
小早川かぐら氏(好きな武将:小早川隆景)の 
卒業ライブが始まり、 
集まっていた武将たちが待ってましたと 
猛烈なオタ芸を始める。 
恰幅の良い武将たちが熱烈な声援をおくりながら、 
汗を吹きまくっている。 
さて、お世話になった彼はというと、 
さすがに刺激が強すぎて唖然としているかと 
思いきや音楽に合わせて手拍子をしている。 

ならば良しということで、 
こちらもライブを盛り上げるのである。 
兎に角、戦国と言えど、戦は皆無であり、 
宴だけがさらに続くのであった。 
しかしながら活発に働くメイドたちは 
皆一様に実に可愛らしい顔である。 
よくぞ集まったものだなと思う。 

今回同行した彼は、 
この度の事で秋葉原をとても気に入っていただけたらしく、 
次回は私の提案で、 
シュタインズゲートの世界にもモデルとして出てくる 
メイド喫茶に行く事に。 

私のモットーは経験があって初めて事象を理解出来る 
アポステリオリであるので、 
私は知り合った方には様々な事柄に 
アプリオリとしての理解ではなく、 
アポステリオリとして理解していただきたいと 
思うのである。 

最後に私と誕生日が同じである 
ツンが8のデレが2の前田あずさ氏、 
通称あずにゃんのバッジを 
本人から購入し城をあとにした。 

架空の世界をこの次元内で生きるのも、 
また人生にとって良きものではないだろうか。