Caural Remebering Today.jpg 

2004年12月、私は原因不明の目の病気を患った。

右目である。

それによって右目の視界は世界が歪んだように見えることになり、

真っすぐ歩く事もままならず、

眼帯をして、左目だけでの歩行練習を始めた。

冬であった。

様々な医師に診てもらい、

血管に眩しいほどの色の付いた液体を流し込まされ、

眼球の毛細血管を調べても、

結局のところ今の医学では治療の仕様がないとのことであり、

自宅に帰りトイレで用を足せば、

グレープフルーツ色の尿が出るだけであった。


それから鬱病に発展、

何も出来ないような状態が続き、

眠る事も食べる事も、

一切人間行動らしきことを行うことが困難になり懊悩煩悶していった。


2005年にザッカリー・マストーンこと

『Caural』というアーティストが

待望の新作『Remembering Today』をリリースした。

作品の中では複雑の音響というよりも、

単純明快な音の整列を丁寧に編み込み、

思いついたアイディアはすぐに実践されていた。

1曲目の「I'm Way Too High」は特に顕著にそれが現れている。

彼があるバンドの演奏を観にいった際にその音と空間とを大変に気に入り、

この状況を何とか記録しようと思い、

携帯電話で自分の自宅に電話を掛けて留守番電話機能に音を録音させ、

作品内でこれを素材として扱い、

ループさせて使用しているところはまさに体験によって出現した現像写真の一つを

見事にコラージュしてみせるという彼のアイディアの優れた点である。

瞬間という刹那を捉え作品とする妙技は、

写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンを彷彿とさせるところがある。

またある日彼は、

入手したヒップホップアーティストのブート版のCDが上手く再生出来ず、

同じ場所を何度もループしてしまう現象を聴き、

その際多少所謂"ハイ"の状態でいたものだから、

逆に心地良くなってしまい、

それを先程の留守番電話機能の録音素材とミックスしてしまおう

というユニークでいて捕われる事の無い純粋無垢な音楽制作を行っているのだ。


彼はこのアルバム制作までに、

実の母親を失ったり、

慣れない土地への引っ越しなどが重なっており、

身体的にも精神的にも転機の状態にあった。

引っ越して間もないアパートで、

家具もまだまったく無いような部屋でも、

段ボールの上にサンプラーを置き、

そこで制作を続けていたというのだから驚きである。


個人的にはこのように制限された中での制作というものに

私はとても好感を持っている。

何故なら自分も、足を置くスペースの無いくらい、椅子の下には

配線やらハードディスクやら、DVD-Rなどが転がっているからであり、

モニターは曲がりくねった状態で配置せざるを得ない状況にあり、

さらにあらゆる機材が次々と変調をきたしており、

まともに制作することが非常に困難な状況にあるからだ。

よって私は常に座禅の姿勢であり、

体勢を変えるにしても

面倒な所作が必要な窮屈な状態で音を制作しているのが今の現状だ。

それでも音楽はアイディアさえあればいくらでも創れてしまうと、

彼の行動からも学べるようにそのように思っている。


私はこの作品のリリースの時に、

片目の生活での不自由というものを経験し始めている状況であったのだが、

作品全体を聴くにしたがって、

音の構築と人間でありえる状態とは、

シンプルなアイディアと、

現状で持っている感覚を精一杯使用するということが

同じ事と思えてきたのである。

つまりは、右目が使えなければ左目でそれを補えば良いのであるし、

実際物を見ているのは目でなく、脳であるのだから、

思考を変えればあらゆることをシンプルに解決することだって出来るのだ。


何度も彼の音に触れるに従って、

私には夏の掴み取れない程巨大な青雲と入道雲とを連想させられ、

それが肉体を囲み込むものだから、

中心に置ける精神は感動せずにはいられなかった。

目が不自由であっても、瞼を閉じて音が呼び寄せる想いに浸れば、

丸々と太った浮子が、

胸に何十と引っかかっているようなところを、

スッとそれらが見事に外され自由になることが出来たのである。


繊細なピアノ、散りばめられた民族楽器、

逆再生され短くループされるサンプル、

太い漆黒のビート、絶妙な音の配置から生まれるアンサンブル、

私の音楽に影響を与えた大きさは計り知れない。


Remembering Today…、深夜にこの文章を書いているが、

今日という日を思い出し、

瞼を閉じれば美しく彩る事もまた可能であるかもしれない。


51ehIwQ6x2L._SS500_.jpg

重たい雲の合間から酷く弱々しい光が漏れだす夕方に目が覚め、

ぼんやりとベランダからその一通りを見つめていると、

内包していた自分の感性とも言えないようなまだ未熟な何かしらが、

胸を撫でて呼吸をする度に甘い味がするような気持ちになった。

この情景に相応しい音をこの際に欲してしまうのは、

音楽に携わる身として才能というものがあると言えることなのだろうか。


1997年から2000年までに制作されたトラックの集大成、

Delarosa and Asoraの『Agony Part 1』というアルバムがある。

これはPrefuse73で有名なギレルモ・スコット・ヘレンの初期作品集である。

このアルバムは当時流行していたグリッチなビートを採用して全体を表現しているが、

聴衆側はschematicからリリースであることも手伝って、

Max/MSPやSuperCollider等を使用してランダム生成からオーディオ編集しているに

違いないと思っていたであろう。

しかし実際は、彼の友人から聞いた話によると

彼はPC操作には大変疎いとのことで、

(後にインタヴューなどで知られていく事になるのだが)

ほとんどPCは使用していない。

つまりは自動生成による緻密な音響作品だと思われていたアルバムは

後のPrefuse73で明るみになるまで、

PCから奏でられていたと思われていたと考えられる。

この時彼は愛用のAKAI MPC2000XLを使用し、

パッドを手で叩き緻密な音楽を肉体の躍動から生成していたのであろう。

当時MPCをこのような手段で使用していたのは稀なものであるが、

アルバムもよく聴けばMPCに搭載されている機能とグルーブ感を理解することが出来る。

冷静に聴けば流行の繊細なグリッチビートを構築することは可能ではある。

彼はそのグリッチなビートをPCを使用せずに制作するにはどうしたら良いものか考えたあげくに、

自分の使い慣れたMPCに手が伸びたのだと考えられる。

そしてMPCの機能を全開に使用し、

アルバムは完成したのであろう。

これにより、アルバム全体にはビートの確実性の傍らに、

微量のズレや手打ちによる更なるランダム性が生まれ、

アナログ機材独特の暖かみを付加させることが可能となった。

サンプリングされた音を器用にカットアップし、

細かくループさせビーッという音を鳴らし、

それぞれを感覚的に配置、

彼自身の持ち味でもある独特のペーソスも加わっている。

タイトルにはPart1と記されてはいるが、

シリーズ化はされておらず彼のインタヴューでも

この名義での制作はすでに終了していると述べていることは誠に残念なことだ。


私がこの作品で愛している点は、

7曲目まで盛り上がり、

「Paz Suite」という曲がパート4まで続き、

すべての要素を発露したところで、

そこから現代音楽調のトラックを

8曲も続けるところなのである。

すべて全力投球で制作されるアルバムが多い中、

この弱さとダラリと思いつきとしか思えない

その場で肉体に任せた音響世界は大きな役割を担っている。

静寂が訪れ、終いかと思えば、また始まる、

静かなカーテンコールが幾度も続くのだ。

聴衆側はどのようにして聴いても良いという自由をここで会得することができる。

私はこの部分に並々ならぬ愛情がある。


最近の彼の作品の原点のすべてを

垣間見る事の出来るアルバムである

「Agony Part1」は彼の作品の中で

私が最も愛して止まない作品である。


決して豊かな制作環境になくとも、

創作し続け完成させたこの作品は、

10代の若者が金銭的にも恵まれておらず、

機材も持ち合わせていないが、

なんとか音楽らしきものを制作しようとして、

カセットデッキで、

繰り返し音をダビングし上乗せし続けて、

なんとか音楽を完成させるような感覚にちかい。

そのような心情に類似する彼の制作姿勢がとても愛すべき点の一つでもまたあるのだ。


※入手困難ではあるが、
 Delarosa And Asora 『Crush The Sight-Seers』も薦めたい作品である。


61HxFceWmAL._SL500_AA300_.jpg

STONE63『ACQUISITION』

2011/11/23 リリース
2000yen(tax in)

渚音楽祭やCOUNTDOWN JAPAN FESTIVAL等、数々のビッグ・イヴェントにアート提供を行う実力派、STONE63が遂に初音源作品「ACQUISITION」をリリース」!SHING02を想起させるような強靭なメッセージ性、フロウ…、これがSTONE63が描く“ラップ・アート”!! 必聴 & 刮目せよ…!

『ACQUISITION』


01. Virus  track by TSAN

02. 我城 track by TSAN

03. 自分は自分の中にいる track by 紙田聡

04. 六覚柱 track by CHAOS

05. HACHIDORI  track by TSAN

06. Human lives with Nature and Machine  track by TSAN

07. YAMITSUKI  track by 紙田聡

08. SHINOBI  track by Yasuhiro Ito

09. Our heads gonna shit  track by TSAN

10. 人生の地図 track by 紙田聡

11. Idea spling like a flog  track by TSAN


(51:34)






diskunion_logo_RGB.jpg
logo_tolct.png



61HxFceWmAL._SL500_AA300_.jpg

STONE 63の至極の11曲を収めた

アルバム『ACQUISITION』が遂に完成。


彼は、絵、建造物など、あらゆる芸術作品を制作しながらも、

言葉をも咀嚼し、

強大な幻影を構築していくプロフェッショナル。


今回、この作品で私は6曲の楽曲を

提供させていただきました。

私が22、23歳の時に制作したものです。


2006年に共同制作しました原子力発電所についての音源

『HACHIDORI』

も収録されており、

リリックも一部加筆されております。

当時、原子力についてライブでこの曲をやっても

皆様あまり関心が無いのか、

ポカンとされておりましたが、

皮肉なもので、このような時代であれば、

言葉一つ一つを噛み締め

理解してくれる方も多そうです。


そしてこのアルバムには私以外にも、


CHAOS(Insector labo)

紙田聡(mudisc)

Yasuhiro Ito


と素晴らしいトラックメイカー達が

参加しております。

ぜひともこの紙ジャケの質感と共に、

彼の芸術を楽しんで頂きたく思います。


『ACQUISITION』

01. Virus  track by TSAN
02. 我城 track by TSAN
03. 自分は自分の中にいる track by 紙田聡
04. 六覚柱 track by CHAOS
05. HACHIDORI  track by TSAN
06. Human lives with Nature and Machine  track by TSAN
07. YAMITSUKI  track by 紙田聡
08. SHINOBI  track by Yasuhiro Ito
09. Our heads gonna shit  track by TSAN
10. 人生の地図 track by 紙田聡
11. Idea spling like a flog  track by TSAN

(51:34)






diskunion_logo_RGB.jpg
logo_tolct.png


 

『NEXCO中日本 ~東名集中工事~ 』 CM (2011)


 


上戸彩さん出演の
『NEXCO中日本』東名集中工事のTVCMの音楽を手掛けました。 

効果音、ミキシング、マスタリングまですべて手掛けさせて頂きました。


 『GOLDEN AFTER』より

8曲入りEP『TOKYO METRO』が再発されました。








KAIROS TIME WORKS by TSAN


CM SONGS DEMO by TSAN



SoundCloud